弱酸性がいい理由

弱酸性がいい理由

弱酸性がいい理由

テレビでもCMでも弱酸性がいいということを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ですが、そもそも弱酸性がなぜ肌にいいのかというを正確に知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

実は人の肌は弱酸性なのです。弱酸性の体は色々な菌の侵入を防ぎます。人の肌は弱酸性に保つことによりバリア機能のようなものになり、私たちの肌を守ってくれています。どうして人の肌は弱酸性に保たれるのかというと、皮脂や汗が皮膜を作り弱酸性を保っています。しかし、肌のバリア機能がうまく叩かず皮脂の過剰分泌を起こすとニキビや乾燥など様々な肌トラブルの温床となります。

 

ボディソープなどの弱酸性と謳っているということは逆にいえば、ほとんどの製品はアルカリ性に触れているということです。ですが、アルカリ性が一概に悪いというわけではなく、通常人のカラダは前述の通り弱酸性に戻ろうとする働きがあるので問題は起こりにくいのです。ですが、小さい子供や肌トラブルが多い人や肌が弱いという人はこの弱酸性に戻す能力が低くなっている可能性があるため、初めから弱酸性のものをつかったほうがよいというわけです。

 

マイルドクレンジングジェルも少しでも肌への負担を軽減するために弱酸性の配合がされています。

 

マイルドクレンジングジェル公式サイト

関連ページ

広尾プライム皮膚科
広尾プライム皮膚科についてです。
肌が荒れてしまう理由
肌が荒れてしまう理由についてです。
ラウリルグルコシド
ラウリルグルコシドについてです。
トコフェロール
トコフェロールについてです。